プロが教えるトイレリフォームのポイント

ご自宅や店舗のトイレについて、このようなお悩みをお持ちではありませんか?

  • 便器や床の汚れがきれいにならない
  • どれだけ掃除しても臭いが気になる
  • 壁紙(クロス)が日焼けしている
  • 収納スペースがなくてトイレットペーパーなどが片付けられない
  • 冬場は便座が冷たくて座るのが億劫だ

トイレの耐用年数は、一般的に10年から15年と言われてます。

ただ、水漏れや便器が割れてしまった等の不具合がない限りは、なかなか交換を考えるかたは少ないのではないでしょうか。

しかし、最近のトイレは、節水はもちろん、色々なメリットを持ち合わせており、見た目もどんどんオシャレになっています。

お客様などが訪問して来たときに水廻りがオシャレだと凄くカッコいい、センスがある、真似してみたいなんて思われるかもしれませんね。

また、見落とされがちですが、実は床に貼ってあるクッションフロア、便器付近の壁紙(足元あたり)は、キレイに掃除をしていても意外と尿が飛び散ったりしていて臭いが出てくるということも。

トイレは家族が一日に必ず何度も使用する場所です

毎日必ず使う場所だからこそ、トイレをより快適な空間にリフォームしてみてはいかがでしょうか?


トイレリフォーム3点パック


トイレリフォームの種類は大きく分けて4つ

トイレのリフォームは主に4つのタイプに分けられます。

  1. 便座をウォシュレットに交換するリフォーム
  2. トイレ本体をまるごと交換するリフォーム
  3. 壁紙や床なども含めたリフォーム
  4. 手すりなどバリアアリーのリフォーム

便座をウォシュレットに交換するリフォーム

ウォシュレット

一番シンプルなリフォームです。

便器はそのままで便座をシャワートイレに交換するだけでも、リフォーム前より格段に心地良さを実感することができます。

座ったときの暖かさや洗浄感はもちろん、最近では使用するたびに除菌してくれるタイプや、手を触れなくても水が自動で流れるタイプなどもあります。

ただし、シャワートイレに交換する場合はコンセントが必須となりますので、事前に確認しておくといいでしょう。


トイレ本体を丸ごと交換するリフォーム

トイレ交換

最新のトイレは洗浄能力の高さもさることながら、トイレ自体が汚れのつきにくい素材で作られています。

製品によってはフチや凹凸が少ないデザインを採用しているのものもあるので、「汚れにくく、掃除しやすい」機能性の高いものが多いです。

また、一度に流すトイレの水の量を従来型の1/3程度に抑える節水設計の便器もあるので、トイレのリフォームで毎月の水道代が安くなるというメリットもあります。

トイレ本体を交換するリフォームの注意点

古いトイレと最新のトイレでは大きさや形が異なる場合がほとんどなので、床に古いトイレの跡が残ってしまうことがあります。

また、跡を隠すために今使っている便器のサイズよりも大きいものを選ぶと、思った以上にトイレが狭くなったように感じることがあります。

もともとトイレは狭い空間なので、わずかな大きさの違いであってもその差は大きく感じる傾向があるからです。

そこで、汚れが酷い場合には便器の交換だけでなく全体のリフォームをお勧めしています。


トイレだけでなく、壁紙や床なども含めたリフォーム

トイレ

トイレをより快適な空間にしたいとお考えの方にはぴったりのリフォーム方法です。

トイレの床や壁には思っている以上に汚れが飛び散っています。

汚れが飛び散っても拭き取りやすい素材や、臭いを吸収しにくい素材を選ぶことにより、毎日のお手入れがぐっと楽になります。

また、床や壁紙を自分好みのデザインに変更することもできます。

壁紙・床も含めたリフォームの注意点

おしゃれなトイレにしようと思って床に無垢材や複合フローリングを選んだが、使っているうちに床が黒ずんでしまった…という失敗談をよく耳にします。

木を使った素材はそもそも水に弱く、アンモニアやトイレ用洗剤によって素材そのものが腐蝕してしまうこともあります。

見た目だけではなく、使い勝手やお手入れのしやすさとのバランスをしっかり考えてから選ぶことが大切です。


バリアフリーなど、機能性を高めるリフォーム

バリアフリー

小さなお子様やお年寄りのいるご家庭におすすめのリフォームです。

壁に手すりを設置する、廊下との段差を解消する、車椅子が入れるようにドアを交換するなど、バリアフリー化することで、誰でも安心して使えるトイレになります。

また、壁面に収納を埋め込むことでトイレットペーパーや芳香剤など人に見せたくないものをすっきり収納できるスペースを確保することも可能です。

トイレリフォームを成功させるためのポイント

長期的な視点でリフォームを考える

リフォームを考える上で、「こんなデザインにしたい」という希望は誰しもあると思います。

しかし、リフォームを考えるときには10年先、20年先という長期的な視点を持って判断することがとても大切です。

「10年後の家族構成はどうなっているか」「自分や家族に介護が必要になったらどうするか」など、今の希望と今後のライフスタイルの変化をしっかりと考えることで後悔のないリフォームを実現できます。

計画性のある予算を立てる

トイレのリフォームは、便器や壁紙など、商品や工事内容によって費用が大きく変わってきます。

現状の不満やリフォームで叶えたいことを、予算とのバランスを考えながらじっくりと決めていくようにしましょう。

リフォームが終わり、実際に使い始めてから「この機能はいらなかったかも…」ということがわかるケースも多々あります。

必要のない機能を付けるために高い費用を支払うのは非常にもったいないことです。

商品を選ぶ際には、「その機能が今後本当に必要になるかどうか」をしっかり見極めることが大切です。

要望はしっかり伝える

リフォーム後のイメージを業者にしっかりと伝えていたつもりでも、いざリフォームが終わって仕上がりを確認するとイメージと違っていた・・ということはよくあります。

業者との打ち合わせでは、言葉だけではなく、写真やカタログを使って具体的にイメージを共有することが大切です。

リフォームのプロである業者でも、施主様とリフォーム後のイメージが100%一致するとは限りません。

後悔することのないよう、要望は具体的にしっかり伝えるようにしましょう。

トイレのリフォームは福岡のライズにお任せください

株式会社ライズでは、お客様のご希望をしっかりとお聞きするため、徹底的に打ち合わせをさせていただきます。

もちろん、「何となくこうしたいな」という漠然としたイメージしかなくても、私たちライズがあなたの思い描いたイメージを形にするために、最適な商品やプランをご提案いたします。

また、当社は、創業時は壁紙を専門に取り扱っていたため、汚れや臭いがつきにくい壁紙等、トイレのリフォームを成功させるプラスαの提案が可能です。

リフォームは、便器や壁紙を交換するだけではなく、リフォームがきっかけでご依頼主様の暮らしがより豊かになって初めて完成だと当社は考えています。

理想のリフォームを叶えるお手伝いをいたします。